• Facebook
  • Instagram
  • Youtube
TOP安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

Safety activities

アイクレオの粉ミルクは、
原料受け入れ段階から製品化まで、
厳しい品質管理の下に生産しています。

衛生へのこだわり

超高温殺菌機により得られる高い品質

厳選された原料を混合溶解し、殺菌を高精度に行う「UHT(超高温)殺菌」を行った後、直ちに噴霧乾燥し、溶けやすいよう顆粒状に整え、製品化されます。密閉された機器や配管の中を原料が流れ、製品が人の手に触れることはないので非常に衛生的です。各製造室では、温度・湿度・空気清浄度のチェックが定期的に行われ、清浄度の高い部屋ほど室内の気圧を高くし、外からの空気の流入を防ぐなどの工夫が凝らされています。
また、充填工程はクリーンルームになっており、全身をすっぽり覆う無塵服、ヘアーネット、マスク、手袋で身を包み、更には、強力なエアーシャワーで全身の塵埃を落として入室します。
このように、製造工程では高いレベルで清浄化された環境が常に維持されています。

原材料へのこだわり

赤ちゃんに飲ませるミルクだから、
原材料にもこだわり

原材料の種類ごとに規格基準を設定して受入検査を行っています。また、必要に応じて製造メーカーを訪問し監査するなど、原材料の品質保持に努めています。

検査へのこだわり

プロセスごとに安心の品質保証体制

食の安全性が厳しく問われる中、製造メーカーには高い品質へのこだわりが求められています。抵抗力の弱い赤ちゃんに与える製品だからこそ、より高い安全性を確保するために厳しい検査体制を確立しています。原材料受け入れ時、製造工程の途中、さらに最終製品まで、すべてのプロセスで品質管理を徹底しています。

環境へのこだわり

環境対策にも十分配慮した工場設備

地球の環境問題は近年ますます深刻なものとなり、私たちの現在の生活や子どもたちの未来に大きな影響を与えることが懸念されています。アイクレオは「子育て応援企業」として、子どもたちの健やかな成長を願い、人と環境が調和した未来をめざして、積極的に環境保全に取り組んでいます。

アイクレオ工場(兵庫県丹波市)の取り組み

1.省資源・省エネルギーへの取り組み

エネルギー消費削減をめざして、設備の省エネ改善を継続的に実施しています。

2.廃棄物ゼロへの取り組み

現在の産業廃棄物のリサイクル率は100%、一般廃棄物を含むリサイクル率は98.6%と、すべての廃棄物100%リサイクル化を目標とした分別の徹底と、新規リサイクル化への取り組みを行っています。

主な廃棄物 リサイクルの方法
包装材料、廃プラスティック 燃料化
ミルクスラッジ乾燥粉、
工程廃棄粉
飼料化
排水、汚泥、廃棄ミルク 焼却
(サーマルリサイクル)
ダンボール ダンボール紙材料
工程不良缶、アルミシール 金属原料
3.周辺環境への汚染防止の取り組み
  • ・自前の排水処理設備(活性汚泥処理)を保有し、前処理した排水を公共下水道に排水しています。
  • ・重油ボイラーの排気ガス分析による燃焼調整を行い、大気環境の維持に努めています。
  • ・工場内の緑化運動により、自然環境との調和を図っています。

放射性物質検査体制

赤ちゃんとお母さんに安心して飲んでいただけるよう、粉ミルク製品の放射性物質検査を下記のとおり実施しております。

  • ・行政によるモニタリング状況、関連情報を監視し、安全性を確認して生産しております。
  • ・乳原料は、「アイクレオのバランスミルク」については米国産の乳製品を、「アイクレオのフォローアップミルク」については、オセアニア産・ヨーロッパ産の乳製品を使用しております。
  • ・ゲルマニウム半導体検出装置による放射性物質検査結果を実施し、「不検出」の結果を得ております。バランスミルク、低出生体重児用ミルクは、国の登録検査機関で検査。フォローアップミルクは、製造会社で検査。検出限界は2~3Bq/kg。
  • ・製造に使用する原材料については、供給先で安全に作られていることを確認した原材料のみを使用しております。

弊社は今後とも品質の安全性を第一に考えた製品づくりを徹底してまいりますので、安心して赤ちゃんの哺乳にご利用ください。

工場について

「アイクレオのバランスミルク」は、兵庫県の山あいにある丹波市の工場で生産しています。
国際的な食品安全マネジメントシステムFSSC22000認証を取得しており、徹底した品質管理のもとに生産しています。(「アイクレオのフォローアップミルク」については、製造委託先にて製造しております)